新卒にだってできることはある!

青年海外協力隊(2017-1)の数学教育隊員としてスリランカへ!日々の活動記録を残していきます!

前任の方が1年間いた学校へ行ってきました!

2017.9.22
滞在79日目

今日は前任の方が1年間いたという学校にお邪魔してきました。

見学したのは

Grade10の対数
Grade6の単位変換(cm⇄mm)
Grade9の一次関数

他の学校と全然違ったのは
「先生の板書」と「生徒のノート」

板書はしっかり左から丁寧に書かれていました。
一次関数の授業では、式、表、グラフが1つの黒板に書かれていたので、理解しやすかったのではないかと思います。

ノートも丁寧に=の位置を揃えて書いていたりなどなど。
写真を撮るのを忘れてしまったのがミスです。

前任の方が1年間この2つをメインに指導したとおっしゃっていたので、その成果が表れていたのだと思います。
ぜひ、他の先生方にも参考にしていただきたい。

ただびっくりなのは、前任の方が1年もいたにも関わらず、ボランティアのことをあまり理解していなかったです。
ここを軸に活動して、他の学校にも広げていけるかななんて思っていましたが、理解度は他の学校と対して変わりませんでした。
日本の教え方に興味を持っているわけでもありませんでした。
スリランカに数学の教え方を勉強しにきたのか?」
と言われた時は、ん?と思いながらもそう思うのも仕方ないかとも思ったり。

「何をしにきたの?」
と聞かれたら、
スリランカの教え方と日本の教え方のそれぞれのいいところを合わせて、もっとよい教え方について一緒に考えたい。」
と答えています。

決して上から目線にならないように、かつ下にもならないように。
いつも言葉や素振りには気をつけています。
ただ先生方は、今の指導で満足していますし、数学ができないのは子どものせいという認識が強そうです。
ここに踏み込んでいくのは非常に難しいことですが少しずつ信頼関係を築いていき、どこかでアプローチができればと思います。

とりあえずは、人の指導方法のことをうじゃうじゃ言う前に、自分のシンハラ語ですね。
まずは自分が頑張ろうと思います。


もう1つ!
この学校はKOICAの支援が入っているようです。

KOICAというのはKorea International Cooperation Agencyの略です。
JICAの韓国版ですね。

前から聞いてはいましたが、こんなところにあるとは。
学校の中に新しい校舎があったので、おそらくそこが韓国のODAによって建てられたのだと思います。

がしかし、同じように支援されたであろう机と椅子が気になりました。

汚いんですよね。
大切に使われていない感じがしました。
これも写真撮るの忘れました。すみません。

せっかくKOICAの方が支援してくれたのに、これでは少し悲しいですね。
仮にKOICAから支援されたものではなく、学校なり政府が購入したものであったとしても、大切にしなければなりません。
先生たちにはそういったところにも目を向けて、指導してもらいたいなと思いますが、んーなかなか。

明日は土曜日にも関わらず、数学教員研修があるとのこと!!
びっくりしました笑

もちろん参加してきます!!
どんな研修なのかとても楽しみです!!

にほんブログ村ブログランキングに参加しています!
下のボタンをポチッと押していただくと、ランキングが上がる仕組みになっています!
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

今日は先生たちのストライキがあったらしい。

2017.9.21

滞在78日目

 

オフィスの人は週一くらいでグループで学校を巡回しているようで、私も一緒に少し離れた学校に行って来ました。

 

がしかし、カウンタパートが

 

「今日はストライキだ!ハッハッハ!」

 

「ハッハッハ!え???先生たち来てないの?」

 

「うん!来てない!」

 

全く意味が分かりませんが、スリランカでは時々あるようです。

 

校長先生もいましたし、学校の先生も数人いたんですが、授業は行われてないようです。

 

教室でオフィスの人たちとミーティングしたのち、解散です。笑

 

「今日はこれでおしまい?」

「おしまいだ!帰るぞ!」

 

「他の学校もストライキで先生来てないの?」

「そうだ!どこの学校も先生いないぞ!」

 

「どういうストライキなの?」

「なんとかcollegeでどうのこうの」

 

なんだかよく分かりませんが、帰るみたいです。

 

帰った後、絶対そんなわけないよなと思ったので、前行った近くの学校に行って来ました。

 

「今日はストライキがありますか?」

「うん。そうだよ。」

 

「先生は来てますか?」

「うん。来てるよ!」

 

この学校には先生が来ているみたいですが、他のところはどうだったんだろう。

 

授業がなくて暇そうな子どもたちが、

「先生!僕らのクラスに来てよ!」

というので

「授業はないの?」

と聞くと

「いまオフピリオドなんだ!」

 

たぶん休み時間のことなんだろう。

 

いかにも授業をしてくださいという雰囲気を出すので、

「じゃあ日本のことを紹介するよ!」

 

ということでその様子がこちら。

f:id:harady:20170921200559j:plain

反応が良かったのは、

季節部門【「春(桜)」「夏(花火)」「秋(紅葉)」「冬(雪)」】では

「春」と「冬」

 

料理部門【「和食」「寿司」「お好み焼き」「天ぷら」】では

「和食」と「寿司(生魚を食べるという発想)」

 

お寺部門【「金閣寺」「東大寺」「大仏」】では

全部

 

街部門【「東京(夜景)」「京都(古風)」「広島(原爆ドーム)」】では

東京(夜景)

 

イケメン男性部門【「向井理」「内田篤人」「岡山駅前の桃太郎の銅像」「原田陽輔」】では

全部微妙

 

美人女性部門【「新垣結衣」「片岡安祐美」「加藤綾子」「船水楓」】では

船水楓が鼻で笑われる。

 

服装部門では「着物」しか見せていませんが、全てを通してこれが一番反応が良かったです。

 

ぜひ大きくなってから日本に遊びにきてほしいな。

 

 

今度はGrade5の教室へ。

「授業ないの?」

「先生の体調が悪いらしい。」

 

本当かなと思いながらもこの子たちにも日本の紹介をしました。

 

まあでもせっかくだから算数の授業もということでタングラムを使ったアクティビティをしました。

これも前任の方が作った本にあるものです。

f:id:harady:20170921202023j:plain

「図形を2つ以上使って、図形を作ってみてー!」

 

「先生!正方形だよー!」

「三角形できたー!」

「お家ができたー!」

 

「じゃあ最後に全部を使って正方形を作ってみよう!」

 

真剣にやってくれています。

「これはこっちだよ。」

「そこじゃないよー!」

友達と話しながらあーだこーだ。

f:id:harady:20170921200820j:plain

f:id:harady:20170921201108j:plainf:id:harady:20170921200913j:plain

まあでも難易度はかなり高いだろうなと思ったので、7つのうち3つの場所を教えました。

あとはやってみてというと、一つのグループがついに完成させました!

 

その時の様子がこちら!

f:id:harady:20170921200838j:plain

f:id:harady:20170921200926j:plain

満面の笑み!!

分かる!その解けた時の喜び!

これぞ算数・数学の楽しさです。

 

それをみた子どもたちもなにくそとチャレンジです。

 

授業といえるほどのものではありませんが

・実際に図形を触りながら試行錯誤する

・友達と意見交換しながら進める

・解けたときの喜びを感じる

この3つはなんとなくできていたかなと思います。

 

反応を見ていると他の学校でも使えそうかなと感じました。

 

 

巡回してどこの学校に行っても、ちゃんと授業されていないことがしばしばあります。

それが当たり前になっているのはちょっと嫌ですね。

 

明日は、前任の方が1年間集中して指導をした学校にいく予定です。

指導を受けていた先生はどんな授業をするのか、とても楽しみです!

にほんブログ村ブログランキングに参加しています! 下のボタンをポチッと押していただくと、ランキングが上がる仕組みになっています! 応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

イライラもあれば嬉しいこともある。

2017.9.20

滞在77日目

 

f:id:harady:20170727210817j:plain

あら、可愛い。

 

世界中にいる協力隊の皆さん。

活動いかがでしょうか?

 

イライラすることありますか?

 

ありますよね。

 

私は

「てーれんねー」

と言われるのが嫌いです。

 

「てーれんねー」

というのは直訳すると

「理解していない」

という意味です。

 

私がシンハラ語を理解せず、「ん?」という反応をしていると言われます。

 

特に複数人いて、話している人が私じゃない他の人に向かって

「てーれんねー」

と言っているときイラっとします。

 

私にとってこの「てーれんねー」は

(こいつ分かってねーわ。なんでだよ。)

という風に聞こえます。

相手の素振りも含めてそう感じます。

 

顔には出しませんが心の中はこんな感じです。

f:id:harady:20170921025141j:plain 

 

 

ただ、現地の人にとってはそうではないかもしれませんね。

(今の単語は難しかったかな。ごめんね。)

的な感じかもしれません。

 

言葉というのは難しいですね。

ただ私は日本にいた頃の100倍、頑張って日本語を話している外国人に優しくできそうです。

 

ちっぽけなイライラした話でした。笑

 

 

 

でもそんなことばかりでもありません。

 

今日買い物をしていると、

Are you from Japan?」

と見知らぬおじさんに声をかけられ、

Yes!」

と返すと

 

「ワタシ ニホンデ ノウギョウノ ベンキョウヲ シテイマシタ」

と日本語で話すじゃありませんか!

 

日本語で会話を続けてみると、その人は約20年前福岡で農業の勉強をしていたそうで、その奨学金JICAが支給していたとのこと。

近くに住んでいるから今度家に遊びに来て下さいと言ってくれました。

日本人は素晴らしい、とても親切です。

とお褒めの言葉ももらい、とても嬉しかったです。

 

こういった嬉しい出来事がほんとに原動力です。

世界中にいる他の隊員さんも感じているのではないでしょうか。

 

 

とりあえず「てーれんねー」って言ってた人たちがむかつくので、彼らのシンハラ語を超えてドヤ顔で「てーれんねー」って言ってやろうと思います。

 

目指せ。ネイティブ超え。

 

にほんブログ村ブログランキングに参加しています! 下のボタンをポチッと押していただくと、ランキングが上がる仕組みになっています! 応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

桃太郎話してみました。Part2

2017.9.19

滞在76日目

 

どうも、おかやま国際協力大使の原田陽輔です。

桃太郎の話は最後で、とりあえず授業見学の話を。

 

巡回は5校目くらいかな。

昨日誘ってもらった学校に行って来ました!

 

今日見学したのは

 

Grade10の等差数列の和

Grade9の数の種類

 

今日の授業は、途上国の授業と言われてパッとイメージするような授業でした。

せっかくの問題も、先生が黒板で解き、それを生徒が写すというやつです。

写し終わったら、友達とおしゃべり。

んー、これではなかなか数学の楽しさはわからないし、何より1人で問題が解けないだろうな。

f:id:harady:20170919202128j:plain

先生の板書です。見にくくてすみません。

Sn=n/2{2a+(n-1)d}

S=12/2{2×67+(12-1)-2}

S=6{134+(-22)}

 

おかしいですよね、真ん中の式。

最後の-2に( )をつけて掛け算にしないとけないところを、つけていないので引き算になってしまっています。

式は引き算ですが、実際には掛け算がされています。

んー、これは修正しないといけないですね。

 

ただ、先生は25歳だったので経験も浅いし、私の意見に耳を傾けてくれるかも。

後々、一緒に子どもたちの数学レベルを向上させようと話がもっていけたらいいな。

 

昼食後、小学生が縄跳びをしていたので、貸してごらんと二重跳びをしたら一瞬で人気者になりました!

 

「先生、どこから来たの?」

「先生の名前は?」

「名前これに書いて!」

 

子どもたちに囲まれて質問攻めです。笑

 

「じゃあ教室でやろうか!」

「行こう!!!!こっちこっち!!」

 

ということで、急遽日本語の授業です。

 

先生から

「日本の歌か物語か教えてあげてください!」

とのリクエストがあったので、

 

「じゃあ歌を歌おうか!」

ということで、

「糸」を歌いました。

縦の糸はスリランカ、横の糸は日本て感じで素敵かなと思いましたが、日本語歌詞の意味を説明していると子どもたちの表情が曇って来たので、これは反省です。

 

もっとポップな、体を動かしたりする歌がよかったかなと。

「幸せなら手を叩こう」とかにしておけば良かったですかね。

反省です。

「じゃあ次は私の地元のお話をします!」

きました「桃太郎」登場です。

 

私がホワイトボードにかいた絵はこちらです。

f:id:harady:20170919203148j:plain

あ、これはこの場面だなと察してください。笑

 

「とても昔、おじいさんとおばあさんがいました。」

「おじいさんは山に仕事に、おばあさんは川で洗濯をしていました。」

「そのとき、上流から、、、」

 

(この子たちは桃をしっているんだろうか?)

 

「先生、この子たちはピーチを知っていますか?」

「あー、知らないわね。私はわかるけど。」

 

「なるほど。分かりました。」

 

「なんと上流からアップルが流れて来ました!!」

「おー」

 

「おばあさんはこのアップルを家に持って帰り、おじいさんと相談して切ってみることにしました。」

「すると中から赤ちゃんが出て来ましたー!!」

 

「😐😐😐😐😐」

 

(はい、きたこのよくない流れ。)

 

「この子はアップルから生まれて来たので、、、」

 

「アップルマハッタヤーと名付けられました!」

「😐😐😐😐😐」

 

後々考えると、マハッタヤーというのはシンハラ語で成人男性「~さん」という意味で使われる言葉なので、「太郎」には対応していないことに気づきました。

シンハラ語をやっている人は、何となくアップルマハッタヤーと言いたくなるのが分かるんじゃないでしょうか。笑

でもこれは反省です。笑

 

その後の話は割愛します。

絵を見てください。笑

シンハラ語で書いてあるところは

「きびだんご」

と書いてあります。笑

 

今回も反応はイマイチでしたね。

 

反省点は以下の二つ。

1.私のシンハラ語が下手くそなため、しっかりと意味が伝わっていない。

2.そもそも桃を知らない。

 

解決策を考えます。

1.しっかりとシンハラ語を勉強する。

2.桃太郎を話すのをやめる。

 

 

桃を知らないという衝撃的な事実が発覚しました。

よって今後は桃太郎を話さない、あるいはアップルマハッタヤーでお送りするしかなくなりました。

 

岡山県知事すみません。

スリランカで桃太郎の普及は無理です。笑

 

桃太郎を聞いてくれた子どもたち。

彼らに救われます。

f:id:harady:20170919203551j:plain

 

にほんブログ村ブログランキングに参加しています! 下のボタンをポチッと押していただくと、ランキングが上がる仕組みになっています! 応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

良い授業をしていた!

2017.9.18

滞在75日目

 

先週の木曜日、同僚と

「来週の月、火、水と教員研修があるからそれに一緒に行こう!」

「分かりました!」

 

いざ今日、待ち合わせの朝7:30

30分経っても来ません。

そういえばその同僚の電話番号を知らなかったので、カウンタパートに電話しました。

「今日教員の研修ありますよね?」

「え、ないよ?」

「あれ、〇〇さんが言ってましたよ?」

「今日は何もないよ。それよりコロンボから帰って来たんだね。今日は〇〇学校に行っておいで!」

 

反省点は2つ。

同僚の番号を聞いてなかったこと。

昨日念のための確認をしなかったこと。

 

先週の木曜日しっかり確認したつもりだったんですが、以後気をつけなければ。

 

ということで自転車で行ける近くの学校に行ってきました!

f:id:harady:20170918212108j:plain

町に近い学校ではありますが、一つの学年に20人もいない小さな学校でした。

 

これらが職員室にある掲示物。 

f:id:harady:20170918212357j:plain

f:id:harady:20170918212510j:plain

なんかちゃんとしてそうだぞ。

 

校長先生に挨拶をし、数学の授業を見せてもらいました。

 

Grade7の円

Grade9の比例

でした。

 

Grade7の円について

1.まずは身の回りのものを使って円をかく

2.コンパスを使って円をかく

3.コンパスを使って2cmの円をかく

 

ちゃんと順序立てられていて、良い授業でした。

生徒たちはきれいな円をかくのになかなか苦戦していましたが、コンパスの持ち方など先生がアドバイスしながら進められていました。

 

Grade9の比例について

1.前時の授業の復習(比例定数が正の場合)

2.比例定数が負の場合(グループ学習)

 

6人グループを作り、生徒たちに考えさせながら授業を進めていました。

一旦個人の活動を入れても良かった気がしますが、生徒のことをよく知っているのは先生なので何とも。

ただ表を作るとき、例えばy=-2xであれば

y=-2×0=0

y=-2×1=-2

y=-2×2=-4

・・・

というように全てxを代入させてyを求めていたので、規則性から見つける活動があってもよかったかも。

 

今日見学させてもらった先生の授業は、生徒の活動が多めで、とても良い授業でした。

職員室に帰ってOレベルテスト(高校入試みたいなもの)の合格率を見るとアンパーラの約70校中上から3番目。

アンパーラの平均合格率が大体60%のところを、まさかの85.7%

 

生徒数が少ないからという理由もあるかもしれませんが、先生の授業が良いのも理由の一つなはずです。

 

優しい先生でしたし、この先生に研究授業をやってもらうなんてこともできるかなと思いました。

そんなことはまだ果てしなく先の話ですけど。

 

 

午後オフィスに戻ると

タミル地域から来た知らない先生に

シンハラ語上手だねー!」

と励ましの言葉をいただいたり、

「僕のこと覚えてる?」

8月に行った学校の先生が声をかけてくれて

「明日僕の学校においでよ!」

と誘ってくれたり。

 

やる気がみなぎる一日でした。

 

ということで、

我らが広島カープ優勝おめでとう!

中国地方全県で広島カープを応援します👍

 

にほんブログ村ブログランキングに参加しています! 下のボタンをポチッと押していただくと、ランキングが上がる仕組みになっています! 応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

総会&ボランティア慰労会&帰国報告会&歓送迎会

2017.9.17
滞在74日目

15日
総会&ボランティア慰労会

年に2回の総会が15日にありました。
総会は全員参加なので、スリランカに派遣されている全隊員がコロンボに集まりました。

大きな会場に隊員が約70名。
スリランカの隊員は多いんだなと改めて実感しました。

総会の後は、大使館によるボランティア慰労会にお招き頂きました。
久しぶりの日本食を十分頂き、日本のエネルギーを蓄えました。

その後はスリランカサッカー部の2次会。
大使館の方々も多く参加しており、たくさんお話しさせて頂きました。
大使館というと、エリートの集まりで、お堅いイメージがありましたが、そんなことはありません。
めちゃくちゃ面白い人ばかりでした。笑

16日
帰国報告会&歓送迎会

今月末に27年度2次隊の方々の任期が終わるということで、帰国報告会が開かれました。

皆さんやはり、文化の違い、国民性の違い、環境の違いなどに大変苦労されていたようで、日本に帰りたいと思ったり、スリランカ人と話したくないと思った時期があったようです。

ただ、その中でも素晴らしい成果を上げており、良い刺激を頂きました。

帰国報告会の後は、27年度2次隊の送迎会、29年度1次隊の歓迎会が開かれました。
2次会も含め、いろんな先輩方とお話しさせて頂き、また少し輪が広がったかなと思います。



スリランカに来て2ヶ月。
少し緩んでいたときに先輩隊員と会えたのはとても良かったです。

自分より圧倒的にシンハラ語を話せるんです。

そしてそれがとても悔しいんです。笑
なんでですかね。
自分より半年以上はスリランカにいるから、話せて当たり前。
という十分な言い訳があるのに悔しいんですよね。

ということで、アンパーラに戻ってからはもう一度気を引き締めて、先輩隊員に追いつけるように言語を磨こうと思います。
もちろん数学教師としての活動も。

あと、スリランカに来てから体重3kg落ちました。
健康管理も気をつけます😱

にほんブログ村ブログランキングに参加しています!
下のボタンをポチッと押していただくと、ランキングが上がる仕組みになっています!
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

同期隊員との再会。

2017.9.14
滞在71日目

明日からの総会に向けて、任地が遠い人たちは前泊をします。


皆さん元気そうで何よりです!

今日は総会に向けて散髪をしました!
シナモンホテルというところの近くにある美容院が気になっていたので、

「ここはいくらですか?」
「3000ルピーだよ」

前散髪したときは400ルピーでした。

しかし、
せっかくコロンボ来たし、
アンパーラではお金使うことないし、

「お願いします!」

完成はこちらです。
ちょっと見にくいですけど、前よりは良いんじゃないでしょうか。

日本の美容師ってすごくレベル高いんやなと感じました。
スリランカの美容師は時間かかるし、同じとこ何回も切るし。

でも最後はアンパーラで数学の先生してるんだーと言うと、すごく感心してくれて。
自分がスリランカにいることを喜んでもらえるとやっぱり嬉しいです。

ただ、3000ルピーの美容院には二度と行かないですけどね。
生活費が無くなってしまうので。

にほんブログ村ブログランキングに参加しています!
下のボタンをポチッと押していただくと、ランキングが上がる仕組みになっています!
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村