新卒にだってできることはある!

青年海外協力隊(2017-1)の数学教育隊員としてスリランカへ!日々の活動記録を残していきます!

いつか絶対ドヤ顔したんねん!!

2017.8.4
滞在30日目

任地アンパーラに昨日の12時過ぎに着きました。
昨日というか今日ですね。笑

コロンボのホステルを15時に出発し、約9時間バンに揺られ、ようやくアンパーラです。

早速今日はオフィス(zonal education office ampara:確か日本でいう県の教育委員会)に顔を出し、挨拶をして来ました。
私が所属するのはその中の数学局。

オフィスの皆さんはニコニコ。
感触は良さそうでした!

そのあとカウンターパート(相棒)の用事について行き、いくつか学校を見て来ました。

子どもたちから
「なんやあの外国人は、、、」
「アーユーボーワン言うてるで」
「もしかしてあいつシンハラ語喋れんのか?」
という目で見られ、
私は
「そやで?シンハラ語喋れんねん。」

というドヤ顔でニコニコしてやりました。

しかし、
カウンターパートとその学校の先生が話してる内容はさっぱり分かりません。
悔しいですよね。
こんなに勉強してきたのに、まだまださっぱりなんです。

街中でもそうです。
何を言ってるのかあまり分からないんですよね。

子どもたちへのドヤ顔も大して話してないからできることです。笑

別にシンハラ語を話せないことをバカにされてるわけでもないし、むしろシンハラ語を知ってることを喜んでもらえてるのに、自分がシンハラ語を話せないせいで勝手にこの場をアウェーに感じてしまうのが悔しいです。

いつかこのアンパーラで
「え、どっから来たん?シンハラ喋れるん!?」
「えぇ、シンハラ語喋れますよ?」
って感じで自信満々にドヤ顔したんねん!!

p.s.
私は京都に住んでいましたので、少し関西弁ですが、岡山出身ですのでエセ関西弁です。
関西の方、エセでも怒らないで下さい。
岡山の方、地元を捨てたなと怒らないで下さい。