新卒にだってできることはある!

青年海外協力隊(2017-1)の数学教育隊員としてスリランカへ!日々の活動記録を残していきます!

スリランカ教員の給料事情。

2017.8.25
滞在51日目



たぶん皆さんお気付きでないと思いますが、
きび団子の「団子」と「男子」をかけているんですよ!!

はー!なるほど!
その手があったか!


それではスリランカ教員の給料事情について今の段階で分かっていることを。

まず教員には5段階のランクがあるらしい。
試験を受けることでランクを上げることができる。

新卒は一番下のランクからスタートで、給料は毎月30000ルピー(約23400円)。
ランクが1つ上がると5000ルピー上がるらしく、一番上のランクは50000ルピー(約39000円)。
※1ルピー=0.78円で計算しています。

ちなみに勤務時間は7:30から13:30です。

家族がいる場合、これだけでやりくりするのは厳しいので、空いている午後の時間を使って塾を始めます。
学歴社会なので、塾の需要はあります。

小・中学生対象の場合、週に1コマで月の授業料が1人250ルピー。
生徒が10人集まれば毎月2500ルピーの収入。
1日2コマやれば5000ルピーの収入。
それを週に2回やれば10000ルピー。

みたいな感じらしいです。
あくまで1人から聞いた話です。

教員は給料が少ないと言っているそう。
確かに少ない気がする。

気になるのは先生のモチベーションですよね。
どんなに学校で授業がうまい先生になろうと試験以外で給料が上がることはないんですもんね。
そんなところに22歳が突っ込んで、話を聞いてもらえるのか。
ちなみにスリランカの22歳はまだ大学生です。笑

早くいろんな学校を見てみたい!
人生で始めて言います。

「夏休み早く終われー!!!」


今回はとても簡単にしか書いてませんが、学校が始まり、スリランカの教育事情が詳しく分かれば、まとめて書きたいと思います!

にほんブログ村ブログランキングに参加しています!
下のボタンをポチッと押していただくと、ランキングが上がる仕組みになっています!
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村